90年以上におよぶ信頼の歴史が、
21世紀の新しい飛躍へつながっていきます。

1920

1921年(大正10年)1月

東京市本郷1丁目(現本社ビル所在地)にて、安藤駒太郎が28歳で医科器械商として創業。

創業時の店構え

1927年(昭和2年)3月

国産初のアネロイド型血圧計の製造に成功、「アコマ血圧計」として発売開始。血圧計といえばアコマ、といわれるほどの看板商品に。

初期のアネロイド型血圧計の表示部

 

1930

1931年(昭和6年)

駒太郎が考案した〈ACOMA〉のブランド名とロゴマークを正式に登記。

ACOMAのロゴ

1933年(昭和8年)2月

「アコマ超短波治療装置」を製造、発売。

1934年(昭和9年)1月

「アコマ携帯用レントゲン装置」を発売。

1935年(昭和10年)3月

「アコマ電気メス装置」を発売。

1939年(昭和14年)11月

合資会社 安藤駒太郎商店に改組。

昭和4年作成 初めてのカタログ

 

1940

1943年(昭和18年)3月

アコマ医療電機株式会社 設立。千駄木町に取得した自社工場で製品の増産を開始

1948年(昭和23年)4月

合資会社安藤駒太郎商店 と アコマ医療電機株式会社 を合併し、現在に至る アコマ医科工業株式会社 を設立。空襲の焼け跡に本社社屋を新築。

 

1950

1955年(昭和30年)3月

「アコマトリクロール麻酔器」の製造開始。昭和35年ごろには全身麻酔器も完成。国産の麻酔器として話題を集める。

アコマトリクロール麻酔器

初期の全身麻酔器

 

1960

1961年(昭和36年)9月

本社ビル完成。

本社ビル

1964年(昭和39年)11月

大阪出張所(現 大阪営業所)開設。

1968年(昭和43年)11月

九州出張所(現 福岡営業所)開設。

 

1970

1970年(昭和45年)3月

「アコマ人工呼吸器AR-2000」完成。

1973年(昭和48年)6月

創業者・安藤駒太郎逝去。安藤俊治が代表取締役社長に就任。

1975年(昭和50年)10月

麻酔器と人工呼吸器を合体させた画期的製品「アネスピレータ(R) KMA-1300」完成。

アネスピレータ
KMA-1300

1977年(昭和52年)6月

「小型人工呼吸器ARF-850E」完成。

1977年(昭和52年)7月

大宮工場を建設。

 

1990

1992年(平成4年)4月

広島出張所(現 広島営業所)開設。

1995年(平成7年)4月

販売部札幌(現 札幌出張所)、販売部北関東(現 北関東営業所)開設。

1995年(平成7年)6月

「アコマ水銀血圧計卓上型」が生産10万台を突破。医療機器業界でまれにみる快挙。

アコマ水銀血圧計卓上型

1997年(平成9年)11月

アコマの新スタンダード麻酔器「PROシリーズ」を発売。

1997年(平成9年)11月

販売部中京(現 中京営業所)開設。

1998年(平成10年)11月

販売部東北(現 東北営業所)開設。

 

2000

2000年(平成12年)7月

大宮工場および開発研究室(現 研究開発部)にて、ISO 9001/9002の認証を取得。

2001年(平成13年)1月

安藤俊治の後を受け、安藤俊和が代表取締役社長に就任。創業80周年を迎える。

2005年(平成17年)10月

動物医療分野へ進出。

2006年(平成18年)3月

「アネスピレータ」の新製品KMA-1300Vを発売。

アネスピレータ KMA-1300V

2007年(平成19年)6月

大宮工場および開発研究室(現 研究開発部)、販売部東京、販売部北関東、輸出部にて、ISO 13485の認証を取得。

2009年(平成21年)1月

安藤俊治逝去。

 

2010

2011年(平成23年)1月

創業90周年を迎える。

2012年(平成24年)5月

本社建替に伴い、東京営業所(現 東関東営業所、南関東営業所)、北関東営業所が川口に移転。営業所を統合し、首都圏営業部とし、より一層の業務向上を図る。
本社建替の為、仮事務所へ移転。

2012年(平成24年)7月

ビデオ喉頭鏡 KING VISIONを発売。

ビデオ喉頭鏡 KING VISION

2015年(平成27年)2月

世界初の動物用気道確保システム
声門上気道確保器具v-gel®(ドックスイノベント社・イギリス)を発売。

声門上気道確保器具
v-gel

2015年(平成27年)7月

南関東営業所を東京都品川区に開設。

2016年(平成28年)3月

新本社ビル完成。

新本社ビル完成