15

1948年(昭和23年)現本社ビルの歩み

コト 4

戦時中は、陸軍監督工場に指定され軍需医療器の生産が主でしたが、1945年(昭和20年)、東京大空襲により下町一帯は焼け野原となり、安藤駒太郎商店も焼失してしまいました。
その後、大空襲直後の混乱にもめげず、アコマは焼け残った工場ですぐに生産を開始しました。
1948年(昭和23年)、空襲の焼け跡に社屋を新築し、本社として稼働しました。現本社ビルも同じ場所に建っています。

SHARE ON
この記事は面白かったですか?
面白かった!