14

1929年(昭和4年)日本臨床医科器械目録の作成

モノ 2

1929年(昭和4年)、医科器械業界の有志数名が集まって、医科器械の総合カタログ日本臨床医科器械目録の編集に着手しており、安藤商店がその編集場所となっていました。記載される器械は約1万点余りで、これを全部写真に撮り木に貼付して彫刻し木版にする方式でした。
各種各専門の製造所並びに販売店は、当時で東京に数百以上あったため、現物又は写真の収集価額の調査は大変な作業となりましたが、第1版の編集は1929年(昭和4年)8月に完了しました。

その後、出版された臨床医科器械目録は非常に好評で、第2版の編集委員会が1931年(昭和6年)4月に開かれました。第2版は初版に掲載できなかったものやその後新しく開発されたものと輸入されたものを網羅することになりました。

SHARE ON
この記事は面白かったですか?
面白かった!