61

麻酔の歴史

コト 0

麻酔の歴史は長く1772年にJoseph Priestley(英)が亜酸化窒素(笑気)の発見から1800年代初頭にモルヒネやクロロフォルムの臨床使用がされてきました。はっきりとした記録が残っているもので1804年に華岡青洲によって通仙散(朝鮮朝顔)による全身麻酔での乳がんの手術を成功した事例が世界最初の手術成功例とされています。現在では、セボフルランなどの揮発性麻酔薬を用いた手術が主流となりました。

SHARE ON
この記事は面白かったですか?
面白かった!